おいしさへのこだわり

パンの本当のおいしさを知っていただきたくて

天満粉もん製作所では、パンの美味しさを知っていただきたい、お店のお料理をより引き立てるパンを作りたいという思いから
素材と製法に徹底的にこだわりました。

小麦粉の30%以上を使い、低温で寝かせる“湯だね”を使う事で、“しっとり”“もちもち”の食感を実現。

レストランでお出しするパンは、パン自体の味が主張し過ぎず、どんなお料理にも合のにまた食べたくなる、そんなパンを目指します。

でんぷんのアルファー化により“しっとり”“もちもち”した食感をつくりだします。湯だねを使うことでパンの老化が遅くなり、つまりは、美味しさが長持ちするのです。

天満粉もん製作所では、上質で無垢な素材を吟味し、余計なものは加えない。
このスタンスのもと、ほんとうの「おいしさ」を追求し、ひとつひとつのパンをていねいに焼き上げます。
その日の気温や湿度に合わせて発酵度合いを見ながら生地の強さを
調整しています。

PAGE TOP